経理の業務内容・目的

会社は永続的に続くことが前提ですので、経理の仕事に区切りはあっても終わりはありません。
日々発生する文房具や交通費の支払などの細かなものから、月ごとに発生する得意先への請求や仕入先への支払、事務所家賃、従業員の給料などに始まり、会社で生じる1年間すべての経済活動の記録を取ることが経理の目的になります。1年間の区切りの月(決算月)に「決算書の作成」をして、1年間の売上金額、費やした費用や儲け、決算日における会社の財産を税務申告します(決算書をもとに税金を計算し納めます)。
以上の前提として日々、お金やモノの出入りを伝票や各種の帳簿に正確に記録していく必要があります。

毎日の経理業務には基本的な作業は下記の項目となります。

 

元資料の整備

 

会社で日々行った取引(お金やモノの出入り)を示す元資料を事前に準備しておく必要があります。

 

 

伝票の起票

 

会社で日々行った取引(お金やモノの出入り)について、伝票の作成があります。処理の証拠として伝票を起票(伝票に金額や勘定科目などを記入して発行)する作業が発生します。

 

 

 

元帳への記帳

 

伝票を起票したら、その取引内容を「総勘定元帳」という帳簿へ記帳します。会計ソフトを導入している会社の場合は、伝票から会計ソフトへの入

力が発生します。

 

 

現金出納業務

 

伝票の起票や帳簿への記帳に加えて行う業務で、その日の取引のうち、特に手許の現金の出入りを管理する為に行う業務です。現金の出入りは「現金出納帳」に記入し、1日の終わりには実際に金庫に残っている現金と、現金出納帳の残高が一致しているかを確認する「現金実査」という作業があります。

 

現金出納業務

 

取引先からの売掛金振込、給与振込、借入金返済、手許現金の補充や公共料金口座自動引落等、預金の出入りを管理する業務です。ネットバンキングの普及により口座の入出金明細が常に把握できますが、各銀行口座毎に預金出納帳への転記が必要となります。